読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

INの仮想通貨トレード日記

ビットコインをはじめとした、仮想通貨のトレードや情報について綴っていきたいです。

Vdiceトークン、vSliceの取引&ウォレットと今後について

皆さんこんばんはーもうすぐ今年も終わり・・・。皆さんはどんな一年でしたか?

私は今年色々ありましたので、お正月に厄払いをしてこようと思っています笑

 

さて、VdiceトークンのvSliceですが、取引が開始されています。

その流れと、今稼動し始めているVsliceのウォレットについてパパッと説明させていただきます。。。

 

 

1 トークンの引き出しと取引について

まずは公式blog内の記事をご覧ください。

https://blog.vdice.io/how-to-send-and-receive-vslice/

以前、blogでvsliceの確認方法を紹介しましたので、こちらを参考に、myetherwallet

https://www.myetherwallet.com/より秘密鍵を入力しVSLトークン設定をし、VSLの保有数を表示させてみてください。

 

koineko28.hatenablog.com

 

そうすると、画面右にこのような表示が出るはずです。

f:id:koineko28:20161227215300p:plain

 

そこから、タブをonly ETHから、VSLに変え、"To Address"にVSLを送りたいアドレス(取引所のアドレスで送れました)を入れ、"Amount to Send"に送りたいVSLの量を入れて、”Generate Transaction"ボタンを押すと完了です。

f:id:koineko28:20161227215331p:plain

Gas Limitはアドレスと送りたい量を入れたら自然に出ると思うので待ちます。

 注意としては、VSLを送るのに、少量のガスと言われるイーサリアムが必要なので、もしイーサリアムがアドレスになければ0.2ETH程追加で送りましょう。

 

今、取引可能な取引所はウクライナのLiquiという所ですね。

liqui.io

 

Loginは好きなログインID入れ、あとはアドレスとパスワードを入力したら簡単に口座開設できました。

f:id:koineko28:20161227223326j:plain

 

 

右上のBalanceの所をクリックし、一覧の中にVSLがあるので、Depositの場合はプラスのボタンをクリックします(bittrexと似てますね)

f:id:koineko28:20161227223352j:plain

 

 

そうすると、取引所に送るアドレスが表示されますので、先ほどのTo Addressにこのアドレスを入れてください(隠している部分です汗)また、5VSLが最小送信単位なのでお気をつけください。

 

f:id:koineko28:20161227223742j:plain

これで私は無事にVSLトークンを取引所に入れることができました。ただ、今は売るよりももう少し買いたいので、状況を見てBTCを入れて買おうと思っています。

(大量には入れないけど、大量に入れて引き出す場合は、身分証明等必要なのか不明なので近日中に調べてみます)

 

(全体的に写真が荒くてごめんなさい)

 

2 今後について

vSliceの配当受け取りはちょっとユニークです。

ひと月の間で25日間が「アンロックされた期間」として利益が蓄積されます。

次に、「ロック期間」(ひと月の間で約5日)中に、vSliceトークン所有者は、利益を引き出すことができるというものです。

今、どちらの期間なのかは、こちらより確認することができます。

vSlice Lock Period Check

今はアンロック期間なので、ロック期間になるとどうなるのか楽しみですね!

 

2 専用ウォレットについて

今、vSlice専用ウォレットもできているみたいなんですが、ロック期間中のトークン利益を引き出す機能は来月上旬リリースとのことです。また正式に色々使えるようになれば紹介したいと思います。

vSlice Web Wallet

 

それでは!